最近の手法

私の今までに行ってもらった大腸内視鏡は、お尻からカメラ付きの管を入れてもらっての検査でしたが、最近は少し進んだやり方があるようです。
私の知人が、ある大学病院でやってもらった方法は、小さなカプセルカメラを飲みこんで、そのカメラで、体のなかをみる方法です。
これで、大腸はもちろんの事、今までなかなか見る事の出来なかった小腸まで撮影できるらしく、また、殆ど痛みもなく、最終的には、そのカメラは、お尻から排出されるとの事でした。
この方法だと、私が以前、大腸内視鏡の検査の時に味わった、なかなか奥まで入りきらないで、困ったようなことはなくなるようです。
このように色々な検査も、日進月歩で、改善されているようです。
誰もが簡単にできるようになると、検査の嫌な人も検査を受けやすくなり、いろんな病気も放棄発見につながり、治療がしやすくなると思います。
大腸内視鏡も以前とは違ってカメラも小さくなったし、管も細くなったのですが、カプセルカメラはそれ以上の進歩かもしれません。

経験して

町の検診で、再検査になりました。
大腸 内視鏡を受けることになりました。
一泊することになり、同室の人たちと、どきどきするねと話ました。
大量の水分をとるのが大変で、簡単に飲んでいく人がいると、遅れをとらないようにと気持ちが焦って大変でした。
そのあとは、トイレ通いが大変で、何回も何回もトイレに通い、きれいになったかどうかのチェックを看護師さんにしてもらいます。
まだ若い看護師さんには、本当に大変な仕事だなあと同情しました。
でも、仕事なのですから、きっとそんなに大変なことでもないのかもしれません。
合格をもらって、やっと、検査をしてもらえます。
それまでの大変さからみると、大腸 内視鏡そのものは、あっというまにすんでしまいました。
ポリープのできている人は、そのまま切除されて終わりです。
幸い、私の場合は、何もなくてきれいな腸だと言われて安心しました。
腸は、健康の元ということが、最近の研究でもわかってきました。
善玉菌を増やす生活をめざしたいものです。


Sorry, Comments are closed.